人気の占い情報

占いに関する情報をまとめました

占いはどのようにとらえるべき?

占いはどのようにとらえるべき? 占いをしてもらった後に、どういう風にその結果をとらえるべきか悩む方は意外と多いのではないでしょうか。
良い結果や、自分の望んでいる方向の結果が出た場合は、単純に背中を押してもらえたような気がして問題ない場合が多いですが、あまり良くない結果や自分が望んでいる方向ではない結果が出た場合、なかなか受け入れるのに時間がかかったり、そのとらえ方について悩む場合が多いと思います。
 占いには、良くも悪くも自分の過去を見つめ直しさらに未来へどう向き合っていくかを考えさせる力があります。
なので、どうとらえるか迷う結果の場合には、それを悪く考えてあえて落ち込む必要はなく、一度立ち止まることが必要な時期なんだと、それを占いに示唆してもらったのだと割り切って考えることが大事です。
そうすることで、今までは見えてなかった物事や自分、相手の側面が見えてきて新たな展開を迎えることもあります。
そのように占いは、何かを気づかせてくれる頼りになるツールとしてとらえてみてはいかがでしょうか。

占いの良い結果・悪い結果はどれぐらい続く?

占いの良い結果・悪い結果はどれぐらい続く? 占いの良い結果や悪い結果は、どのくらい続くかというと、占いの種類によって変わってきます。
例えば毎朝テレビでやっている星座などはその日1日分の効力ですし、週刊誌に乗っているものは1週間です。
同じく月刊誌なら1月ですし、毎年発売される、何年の運気などというものは通年で効力を持つものとして扱われています。
ですが、通年で発表されていても中をみると月ごとに分かれていたりするので、だいたい1カ月というのが多いかもしれません。
ただし、人間にはバイオリズムという物があります。
人生にも波があり、良い年が数年続き、悪い年が数年続くと言ったようにとても平坦にはいきません。
そうゆう場合は良くも悪くも今日1日をよりよく、という意味で毎日の占いに耳を傾けるのもよいかもしれません。
数年も悪いなんて信じたくないですし、気にして生きていたらストレスが溜まりますので、あくまでも占いであるという気持ちで付き合うのが良いでしょう。

おすすめWEBサイト 24選

インビザラインを東京で相談

2017/8/10 更新